【道路の印刷表現】イラストレーターを使ったアスファルトの描き方

【道路の印刷表現】イラストレーターを使ったアスファルトの描き方

アスファルトの表現方法

ジオラマの道路のアスファルト表現は様々な方法があります。
代表的なものは、布ヤスリ、タミヤテクスチャーペイントなどでしょうか。
大きなスケールだとこれらの方法がベストだと思いますが、
1/150スケールではオーバースケールだったり、整備された都会の道路の表現には手間がかかりすぎるなどの問題があります。
そこで僕が最も頻繁に使っている方法はイラストレーターを用いた印刷表現です。

この方法のメリットは、
・失敗が少ないこと
・均一な舗装面を簡単に表現できること
・白線や道路標示も一緒に再現できること
・短時間で簡単に製作可能なこと
です。
逆にデメリットは、路面が綺麗すぎるために整備されていない道路には向かないことくらいでしょうか。

イラストレーターでの描き方

早速イラストレーターでの描き方をご説明します!
(イラレはあまり得意ではないので、ご参考までに)

1. 道路の輪郭を描く (僕の場合はCADからDXFで書き出したものを使用します)
2. 道路に色を付ける (グレースケール40%~70%程度で設定)
3. 道路を複製し、その一つに「ちりめんじわ」を設定 (効果→スケッチ→ちりめんじわ)
※ちりめんじわの細かさはラスタライズの設定によって変えられたと記憶
4. ちりめんじわを設定した道路の透明度を30%程度に
5. グレーで塗った道路とちりめんじわを適応した道路を重ね合わせる(ちりめんじわの方が上)
6. 必要に応じて白線や汚れ、グラデーションを加える(白線の汚れはメゾティント、道路の摩耗はグラデーション)

ちりめんじわがアスファルト表現に非常に適しており、これがイラストレーターを使う理由です。
無料ソフトでも似たような効果がある可能性はありますが、残念ながら僕は見つけられなかったので、Adobeに課金しています笑

印刷方法

続いて気になる印刷方法について。
特殊な印刷方法を用いているのか?とよく聞かれますが、実は家庭の安いインクジェットプリントです!

僕の使用しているプリンターはbrotherのMFC-J4510Nです。

ただ、印刷紙はただの印刷紙ではなく、写真紙を使用しています。
具体的な製品はKOKUYOの写真光沢紙です。
KOKUYOのものを選んだ理由は安くて入手性が良かったから!
他の製品とちゃんと比較したわけではないですが、現状満足いく仕上がりです。
いつもヨドバシで買ってます→https://www.yodobashi.com/product/100000001001155548/

ここでポイントなのは、"光沢"紙を使用すること!
実は半光沢も存在し、そっちの方が良いと思われそうですが、半光沢は印刷後の工程で失敗します。

クリア塗装と貼り付け

さて、印刷後何するのかというと、光沢を抑え、アスファルトの凸凹を演出するためにエアブラシでクリアを塗装をします。
使用するクリア塗料はMr.ColorのUVカットクリアー、光沢とつや消し両方です。

実は写真紙にクリアを塗装すると、白濁してしまいます。
特に写真紙で半光沢を選ぶとこの白濁が酷くなり、それが光沢紙を使用する理由です。

さらに、塗装でもいきなりつや消しクリアを吹くと白濁しやすくなります。これはあの情景師アラーキーさんに教えていただきました。
まずは普通の光沢クリアを吹き、その後つや消しクリアを何層も重ねます。重ねる回数はお好みですが、僕の場合7,8回程度に分けて薄く重ねます。
一気に厚塗りするとこれも白濁、変色の原因になるため注意が必要です。また、残念ながら同じ理由で缶スプレーでも失敗しやすいためエアブラシをお勧めします。

また、クリアを吹く際の希釈は濃い目にしてアスファルトのゴツゴツ感を表現しています。

あとは貼り付けるだけ!ですがここでも注意が必要です。
木工用ボンドなど水分を多く含む接着剤を使用すると変色します。僕は両面テープで貼り付けています。
ちなみにスプレーのりを考える人もいるかもしれませんが、これも扱いづらく、経年ではがれやすいのでおすすめしません。

貼り付けたあとは、タミヤのウェザリングマスターで追加ウェザリングをしたりして、完成です!

道路の作り方は以上です!
同じ方法で、駅ホームなども作ることが可能です。
イラストレーターに月々数千円かかってしまうのがネックではありますが、ぜひ都会の道路を綺麗に表現したいという方は試してみてください!

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. 3000Hakka 3000Hakka

    勉強になりました!

  2. CityscapeStudio Cityscape…

    @3000Hakka
    それは良かったです!コメントありがとうございます!

コメントするためには、 ログイン してください。